ついつい自慢したくなる!こだわりキッチンデザイン

キッチンと家事動線について

住宅を建築するときやリフォームするときにはキッチンの形を選ぶことができます。キッチンの形は、見た目やデザインも大事ですが家事動線に大きく影響を及ぼします。家事動線はたとえば、キッチンからリビングに移動するだけでなく、お風呂場や洗面所、トイレ、玄関に移動するときにも重要になってきます。もし、家事動線を意識していないキッチンは、玄関に出るのにも大回りをしたりしなければならないからです。どういう意味でどこにキッチンをおいて、どんな形のキッチンにするかを考えなければなりません。自慢したくなるようなキッチンという意味でも家事動線は重要になります。
キッチンの形で言えば大きく分けて3種類あります。一つは昔ながらの壁についた形のキッチンです。もう一つは対面式キッチン、そしてアイランド式のキッチンになります。

3つのキッチンの特徴について

キッチンの中で一番オーソドックスなのは壁付き型のキッチンです。壁付き型の特徴は、キッチンのスペースを幅広くとることができる点です。このタイプのキッチンのよいところは比較的狭い場所でも無駄なくスペースを使うことができる点です。
次に、対面型キッチンはリビングに向かって料理や皿洗いができるようになっています。そのため、気になるテレビを見ながらや子供が小さい場合には子供が遊んでいる姿を見ながら料理や皿洗いができる点が魅力的です。
最後にアイランド型キッチンです。アイランド型キッチンは壁にくっついていない独立したキッチンで見た目もシャープなイメージがありおしゃれ度では群を抜いています。ただし、面積をとるためリビングにある程度スペースが必要になります。

SE工法は自然災害への対策を考えられた工法で、集合材の使用により素材の劣化が少なく長持ちします。更に、室内空間を広くすることができます。