そろそろ夢のマイホーム?マイホーム作りを考えるあなたへ!

マイホーム作りは土地選びから始まる

マイホームを作るということは、土地を選びをしなければなりません。仕事の都合など自由度は少ないかもしれませんが、もし自由に決めることができる状態であれば慎重に土地選びをしたいです。土地の地名にはしっかりと意味があり、例えば水に関係している文字が入っている場合は昔海だった可能性が高いのです。
このような土地の特徴として地盤が弱いことが挙げられ、地震の際に被害が大きくなります。丘・台などの地名は地盤が固く、地震の揺れが伝わりにくいです。また、歴史を調べて頻繁に洪水被害に遭遇している場所は、いつか同様に流される可能性があるので注意が必要です。マイホームだけに集中してしまいがちですが、まずはより良い場所に建てることが重要なのです。

気候に注意して家作り

北国の角度ある屋根は降り積もった雪によって家が潰れてしまわないように、雪を落とす役割があります。このように、気候に合わせた家作りをしないと快適な日々を過ごすことはできません。例えばガラス張りの開放的な空間を作りたいとすると、冬は冷気によって室内が冷えますし、夏は逆に日光によって温度が上がります。確かにガラス張りはお洒落なものではありますが、その観点だけで施工主に注文すると思わぬ後悔に繋がるのです。思っている家作りは春夏秋冬快適に過ごせるのか、知識の習得や相談などで判断する必要があります。
マイホーム作りは一筋縄ではいきませんが、それが逆に楽しい部分でもあります。いつまでも快適に過ごせるよう、土地選びから始めましょう。

住宅やオフィスなどの部屋の配置の事を言います。一般的には平面で図になっている間取り図の事を指すのがほとんどです。