何を基準に選べばいいの?上手な住宅土地選びとは?

土地選びは土地の調査からです

土地を買って家を建てるとなった場合、多くの人は一生をそこで暮らす事を視野に入れるので土地探しには慎重になります。後悔しない土地探しの為にはまず、土地の調査です。なぜなら家は地面の上に建っているので、地面に問題があると今後家に住みづらくなる場合があるのです。
具体的には価格が安くても盛り土した土地では沈下する恐れがあるので、今後の建設費が割高になります。なのでよっぽどの事情がない限り、切り土した土地を買った方が結果安くなるし安心です。最近では図書館や役所で昔の地形について調べる事ができるので、昔池だった場所を埋め立てていたり川よりも低い位置にある土地等は一見丈夫な地面だったり堤防があった場合でも避けた方が懸命です。

住んだ後も安心な土地選び

地盤が安心な土地が見つかったら、次に考えるのは利便性と家族の生活スタイルです。具体的には移動手段が公共の乗り物であれば駅やバス停の近く、車であれば走りやすい道、更に子供がいるなら学校や病院、毎日の生活ではスーパー等も大切です。
また心安らぐ生活に忘れてはいけないのが、騒音です。普段通っているだけだと気がつかなくても、住むとなると案外不快に感じる事もあります。その為土地を探す時は必ず昼間以外に早朝、夜間等時間を変えて何度か周辺を歩いてみると良いです。その際早朝と夜間の照明やゴミの散らかり方、治安に関しても気にしておくと、住んだ後のトラブルが避けられます。もし気になる事があったら挨拶がてら近所の人に声をかけて聞いてみると、プチ情報を教えてくれたりもします。

建築デザインというのは、建物全体の印象を左右する重要な要素となるため、十分に検討を重ねてから決定することが重要です。